溶接電極はエスエムケイ/抵抗溶接-スポット溶接

top-main-menuB2b_2016.pngtop-main-menuB2b_2016.pngtop-main-menuB7_2016.pngtop-main-menuB7_2016.pngtop-main-menuB3_2016.pngtop-main-menuB3_2016.pngtop-main-menuB4b_2016.pngtop-main-menuB4b_2016.pngtop-main-menuB4_2016.pngtop-main-menuB4_2016.pngtop-main-menuB4c_2016.pngtop-main-menuB4c_2016.pngtop-main-menuB5_2016.pngtop-main-menuB5_2016.pngtop-main-menuB6_2016.pngtop-main-menuB6_2016.pngtop_youtube.giftop_youtube.gif

神奈川県相模原市でスポット溶接電極、ナット付溶接電極、ボルト付溶接電極、アーク溶接電極及び、溶接関連機器の開発・製造・販売をしている会社です。 溶接電極はエスエムケイ updated 2017-10-06
SMK LOGO
top-main-menu1_2016.pngtop-main-menu1_2016.pngtop-main-menu2_2016.pngtop-main-menu2_2016.pngtop-main-menu3_2016.pngtop-main-menu3_2016.pngtop-main-menu4_2016.pngtop-main-menu4_2016.pngtop-main-menu5_2016.pngtop-main-menu5_2016.pngtop-main-menu6_2016.pngtop-main-menu6_2016.pngtop-main-menu7_2016.pngtop-main-menu7_2016.pngtop-main-menu8_2016.pngtop-main-menu8_2016.png

HOME > 溶接参考資料

Banner-shiryo2015.png

Menu ber-shiryo30-1_2016.gifMenu ber-shiryo30-1_2016.gifMenu ber-shiryo30-2_2016.gifMenu ber-shiryo30-2_2016.gifMenu ber-shiryo30-3_2016.gifMenu ber-shiryo30-3_2016.gifMenu ber-shiryo30-4_2016.gifMenu ber-shiryo30-4_2016.gifMenu ber-shiryo30-5_2016.gifMenu ber-shiryo30-5_2016.gifMenu ber-shiryo30-6_2016.gifMenu ber-shiryo30-6_2016.gifMenu ber-shiryo30-7_2016.gifMenu ber-shiryo30-7_2016.gif

スポット溶接、ナット付溶接、溶接電極を、図・写真を用いてわかりやすい形で説明しています。溶接業務に携わる皆様に、少しでもご活用いただければと思い掲載いたしました。あくまでも目安、参考資料としてご使用いただければ幸いです。

※ご注意
本掲載内容について、ご利用に当たって何らかの損害が生じたとしても、弊社では一切の責任は負いかねます。あくまでも目安、参考資料としてご使用ください。
参考文献:社団法人 日本溶接協会 抵抗溶接Q&A ―スポット溶接を中心に―、日本溶接協会規格(WES) WES7302:1979

obi-shiryou50_1.gif

抵抗溶接について

抵抗溶接とは

shiryouZ-1.gif抵抗溶接は、溶接を行う金属(ワーク)の溶接継手部に大電流で通電することにより発生する発熱 (抵抗熱)を利用して溶接継手を加熱し、圧力を加えて行う溶接のことです。


抵抗溶接の三大溶接条件

溶接電流、通電時間、電極加圧力を抵抗溶接の三大条件と呼んでいます。
これらの各条件が互いに密接な関連を持っており、適切な溶接条件の組合せを選定することが重要です。
 1. 溶接電流・・・溶接材に流れる電流(アンペア)
 2. 通電時間・・・溶接電流が流れている時間
 3. 電極加圧力・・被溶接板(ワーク)に加える力
 この他に、ナゲット径に大きく影響する条件として、電極先端径があります

スポット溶接について

スポット溶接とは

重ね合わせた2枚(多数枚の場合もある)の被溶接物を電極で挟み込み、加圧状態で大電流を流し、被溶接材の抵抗発熱と、電極および被溶接材への熱伝導をうまくバランスさせ、板・板間の接合部に溶融部を作り接合するものです。

スポット溶接 クロム銅

▲ ページトップへ

米国推奨スポット溶接条件

米国推奨スポット溶接条件

米国抵抗溶接機製造者協会(Resistance Welder Manufacturer’s Association) 略称RWMA

スポット溶接条件表 クロム銅の画像

shiryouZ-4.gif1)本表に示す被溶接材は同一板厚2枚重ねの場合とし、熱間圧延後、酸洗し軽く塗油した軟鋼板で、抗張力30~32kgf/㎜2に相当するもの。溶接の際の表面
状況は、黒皮、グリース、酸化物、ペンキ、塵埃などないものとする。
2)電極材質は、RWMAのクラス2(導電率75%、硬度ロックウェルB75)とし、先端形状は右図による。dの公差は±0.4mmとする。
3)最小ピッチとは、隣の溶接点による分流効果を実用上無視しうる限度を示す。換言すれば、この値以下のピッチで溶接せねばならない場合には、分流効果を考慮して電流値を適当に補正増大しなければならないことを示すものである。
4) 最小ラップとは右図のLをいう。Lをこの値以下にすると強度が低下する上に、ひずみを生じる。
5) 溶接時間は電源周波数60Hzにおけるサイクル数を示す。従って10サイクルは6分の1秒にあたり、50Hzの電源で溶接する際は、溶接時間を本表数値の6分の5にしなければならない。


注意)あくまでも目安としてご使用ください。溶接条件は、ワーク・溶接機・電極チップの先端形状、冷却環境等により変わりますので、事前のテスト等で、十分にご確認ください。

▲ ページトップへ