ミニパワーシャンク

概要

ミニパワーシャンクは、奥行きの深いワークとの溶接や、溶接スペースが極端に狭いワークとの溶接などに考案されたシャンクです。
先端がキャップチップ交換式になっているので、 溶接条件に合ったキャップチップを取付けてご使用ください。
 
 

・登録意匠

特長

  • 先端まで完全冷却
  • スリムな形状で干渉回避 
  • キャップチップ 先端交換式

溶接実施例

オフセット量100㎜タイプのシャンクと奥行きの深いワークとの溶接
Φ9キャップチップと溶接スペースが極端に狭いワークとの溶接
30°タイプのシャンク・キャップチップとフランジ巾が極端に短いワーク
各種先端キャップチップの一例(特注品の製作も承っています)

最大加圧力の目安について

 

φ9キャップチップ用(90°タイプ)ホルダー側テーパーφ16 T=1/10の場合

E オフセット寸法 20 30 40 50 60 70 80 90 100
T φ16の場合 最大加圧力(kN) 1.5 1.3 1.3 1.3 1.0 0.8 0.8 0.5 0.5

φ16キャップチップ用(90°タイプ)ホルダー側テーパーφ16 T=1/10の場合

E オフセット寸法 20 30 40 50 60 70 80 90 100
T φ16の場合 最大加圧力(kN) 3.0 2.5 2.5 2.5 2.0 1.5 1.5 1.0 1.0

φ16キャップチップ用(30°タイプ)ホルダー側テーパーφ16 T=1/10の場合

E オフセット寸法 25 30 40 50 60 70 80 90 100
T φ16の場合 最大加圧力(kN) 3.0 2.5 2.5 2.5 2.0 1.5 1.5 1.0 1.0


Tホルダー側テーパーがφ16の場合の最大加圧力は、あくまでも目安としていただき無理のない条件でご使用ください。
Tホルダー側テーパーがφ12の場合及び、φ12のキャップチップを使用される場合は、φ16最大加圧力のおよそ1/2を目安にご使用ください。
 ただし、苛酷な条件での耐久性は、保証しかねます。

関連製品