ボルト溶接不良検出について

ボルトのセット不良検出例

ボルト用navi(ナビ)は、ボルト首下の長さ違い、先端形状違いや、ワークのセット不良を検出します。

『ボルト溶接不良がゼロ?』

ボルト用naviは、ボルト首下の長さ違いや先端形状違い、またはワークが正常にセットされているか、溶接する直前に高精度で判定する装置です。
ボルト溶接不良の流出を未然に防ぎ、不良品を作りません。

ボルト検出の原理

手込め仕様の場合

フィーダー仕様の場合

起動をかけると上部電極が下降し加圧され、交換コマ/ガイドシャフトも起動し下降します。
この時の交換コマ/ガイドシャフトの下降量の差によって、首下の長さ違いや先端形状違い、またはワークが正常にセットされているか確認の判定をします。

不良検出方法

 

naviトライ機無料貸し出し

ナット/ボルト溶接不良の流出を未然に防ぎ『限りなく不良ゼロへ!』
をコンセプトに開発したナット/ボルト溶接不良検出システム「naviシリーズ」です。

「作業性、信頼性、効率性」を、お客様の現場で実際にご確認してください。
 
お問合せページよりご連絡ください。
折り返し、弊社スタッフが仕様確認の連絡をさせていただきます。
 
お問合せフォームはこちらから